ブログトップ
コンピュータと共にある創造的日常
uneoyaji.exblog.jp

メディアアート・プロジェクトにハマったオヤジの日常生活
by une0exct
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2016年 06月
2014年 09月
2012年 10月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 08月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
QuickTime Player で YouTube に自動 Upload
SBArt4 の自動進化機能で全自動的に作成した動画のダイジェスト版を全自動的に YouTube にアップする方法。
まず、QuickTime Player 7 (Pro) でダイジェスト版を自動生成。
これは、わりと簡単で、1つ新規の空のムービーを作っておいて、ダイジェストに入れるべき複数の動画について、それらの一部分ずつをコピペしてから、適当なファイルに保存してやる。スクリプトはこんな感じ。
tell application "QuickTime Player 7"
 activate
  set x to make new document
  repeat with m in 元の動画のパスのリスト
   open m
   tell document 1
    select at 1200 to 4800
    copy
    close
  end tell
  paste x
 end repeat
 save in 保存先のファイル
end tell

7行目の数字はダイジェストに入れる部分の時間の指定です。単位は TimeScale。普通は 600 で一秒が多いかな?つまり、1200から4800ということは2秒目から8秒目までの6秒間をコピーしています。んで、次は自動投稿ですが、QuickTime Player の共有機能で一度YouTube にログインして、情報がキーチェーンに記録されていれば、ログインの部分は省略できます。ということで、以下のスクリプトはログイン省略版です。
tell application "QuickTime Player"
 activate
 open 投稿したい動画のパス
end tell
tell application "System Events"
 tell process "QuickTime Player"
  set win to window 1
  click menu item "YouTube..." of menu "共有" of menu bar item "共有" of menu bar 1
  delay 0.5
  tell sheet 1 of win
   repeat while value of busy indicator 1
    delay 1
   end repeat
  end tell
  delay 1
  tell sheet 1 of win
   keystroke tab
   set the clipboard to 動画につけるのコメントの文字列
   delay 0.5
   keystroke "v" using command down
   keystroke tab
   delay 0.5
   set the clipboard to 動画のタグ
   keystroke "v" using command down
   delay 0.5
   click button "次へ"
  end tell
  delay 2
  tell sheet 1 of win to click button "共有"
  delay 20
  tell group 1 of scroll area 1 of window "書き出しの進行状況"
   repeat while (count progress indicators) > 0 or (count busy indicators) > 0
    delay 2
   end repeat
   delay 2
  end tell
 end tell
end tell
delay 2
tell application "QuickTime Player" to quit saving no

delay の待ち時間は適当です。
[PR]
by une0exct | 2011-10-28 12:34
AppleScript で自動ツイート
AppleScript の System Events を使うとほとんどなんでも自動化できてしまう。というか、そもそも GUI のせいでスクリプトから操作できないアプリが増えて困るという状態が常識化して年久しいわけです。Twitter のクライアントアプリとして MacOS および IOS でも動く Echofon を使ってるのだけど、これが Scripable でないんだ。こういうときの奥の手が System Evens。GUIのエレメントをクリックしたりキー入力したりという指示を AppleScript で書けるわけだから強力この上ない。
activate application "Echofon"
tell application "System Events"
 tell process "Echofon"
   keystroke "ブログにカキコなう"
  keystroke return
 end tell
end tell
これはちゃんと動く。
しかし、英文を入れようとして文章中にスペースをいれると、スペースのところで仮名漢字変換が動いてしまう。入力方法から「ことえり」を外せば、かな文字になることはないが、スペースは入力されないようである。いろいろ思案した挙げ句の解決策は、一旦、clipboard に文字列をコピーしておいてから、Echofon にペーストするというもの。こんなかんじ。
set the clipboard to "writing my blog, now!"
activate application "Echofon"
tell application "System Events"
 tell process "Echofon"
   keystroke "v" using command down
  keystroke return
 end tell
end tell
自分のウェブページを更新したら自動的に呟くように、更新のスクリプトの最後に付け加えるのも悪くないよ。
[PR]
by une0exct | 2011-10-16 15:19