ブログトップ
コンピュータと共にある創造的日常
uneoyaji.exblog.jp

メディアアート・プロジェクトにハマったオヤジの日常生活
by une0exct
Snow Leopard への Version Up
大学の研究室でも卒研生向けに Fire wire の RAID 外付け HDD を付けたMac mini をサーバにして7台の iMac を使っているのだが、卒業研究がひと段落するまで OS の Version Up はお預けにしてあった。先週、新人が入って来たこともあってようやく Up しようとしたところ、問題が発生して、やっとこさ昨日の土曜日に作業できたのである。
問題というのは。。。。 Snow Leopard の install DVD が double layer だった!ということでした。メディアを1枚と10台分のライセンスをだいぶ前に購入済みで、自分のマシンと一部の院生用のマシンはアップしたのだが、まとめて7台となるとリモートでやるか、DVD を焼き増しするかということになる。リモートの設定がなんだか面倒くさそうなので、DVD を焼き増ししようとしたら、手元に single layer の DVD-R しかなくて、焼けなかったのでした。
しかも、新しい iMac は問題ないのだが、初代 Intel iMac は double layer DVD が読めない!この寂しいマシンが2台ありました。しかし、幸いにも、試しに買ってあった外付け BluRay ドライブが DVD DL にも対応していました。でも1台しかない ;_; .
サーバ用の Mac mini も、これまで使ってたものはメモリーが不足気味なので、この際ということで Server 用 Mac mini というやつを買いました。と、この移行作業ですが、最初に購入したばかりの Mac mini を立ち上げると、古いサーバから移行するかどうか聞いてきます。これは丁寧でよろしいのだけど、移行するには古いマシンを外部ディスクモードで繋がなきゃいけないということで、Firewire の I/F が古い方は 6pin 400 なのだけど、新しい方は 9pin 800 なのであります。 変換ケーブルを使って、接続。ほっとくだけで以降は進んでくれましたが、最後の方でなにやら先に進まなくなった。もしかして、と、外付けの RAID HDD を繋いだら、さくっと終了してくれました。いやはや、外付け HDD に USB が付いててよかったですよ。Firewire の I/F は1つしかないから、古い Mac mini との接続で埋まっていて、USB がなかったら立ち往生したところでした。
結局ほぼ半日かかって作業は終了。前よりサクサク動く感じです。なかなかよろしい。あーー、もちろん、古い iMac はメモリーを 2GB に増強してあります。しかし近頃はスクリーンサイズ 20インチ以上が当たり前みたいになってるので、17インチはなんだかすごく狭い感じがしますね。
[PR]
by une0exct | 2010-04-11 17:53
<< .sdef で SBArt4 ... 効果音合成 >>